So-net無料ブログ作成

41年ぶり、都心で最も遅い降雪=低気圧と強い寒気が影響(時事通信)

 本州南岸にある低気圧と季節外れの強い寒気の影響で、関東や東北地方南部などでは17日未明から雪やみぞれが降った。東京都心では1969年以来、41年ぶりに最も遅い降雪記録と並んだ。雪の峠は越え、同日午後から回復する見込み。
 関東では、山沿いを中心に降雪。東京・大手町では同日午前5時35分、みぞれを観測した。雪はうっすらと積もり、気温は1.4度まで冷え込んだ。
 雪の影響で、東北新幹線は新白河駅(福島県西郷村)でポイントが切り替わらず、那須塩原発東京行きの始発が運休。上越新幹線も上下線で4本が運休、最大で84分の遅れが出た。
 高速道路は、関越自動車道練馬−川越間や常磐道谷田部−柏間で上下線が通行止めとなった。東北道や山形道でも一部区間で通行止めとなった。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】街ある記-富山県魚津

プラスチック 強さ鋼並み…軽くて強度7倍 広島大チーム(毎日新聞)
「一国の首脳に非礼」=官房長官、米紙に不快感(時事通信)
<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)
「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏−普天間(時事通信)
【from Editor】子ども手当に学割精神を(産経新聞)

雪の壁にびっくり、立山黒部アルペンルート開通(読売新聞)

 冬季は閉鎖される富山、長野両県の北アルプスを貫く「立山黒部アルペンルート」は17日、全線開通した。

 朝方はルートの除雪に手間取り、バスの出発が1時間30分遅れ。濃い霧で視界が遮られたが、次第に天候は回復し、霧のすき間から青空がのぞいた。全長約500メートルの「雪の大谷」(標高2390メートル)では、観光客が高さ約15メートルの雪の壁を仰ぎ見ながら散策。広島県福山市の会社員山内義弘さん(62)は「予想より高くてびっくり。夏や秋にも来てみたい」と話していた。

【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)
タクシーに無賃乗車、さらに売上金盗む 男子高校生ら3人逮捕(産経新聞)
<八王子2人殺傷>無期を懲役30年に減刑 東京高裁(毎日新聞)
<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
岡部まり氏「国民の秘書になる」…正式に参院選出馬表明(スポーツ報知)

「たちあがれ日本」に「立ち上がれり切れるかな?」 民主・平田氏(産経新聞)

<中国政府>日本人3人死刑執行通告 外相、駐日大使に懸念(毎日新聞)

 岡田克也外相は2日の記者会見で、中国政府が日本人3人の死刑執行を近く行うと日本政府に通告してきたことを明らかにした。3月29日に別の死刑囚の執行を伝えてきたばかりで、中国国内で死刑が行われる予定の日本人は計4人になった。いずれも今月上旬に執行される可能性がある。

 岡田氏は2日、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、日本国民の対中感情に悪影響を与えかねないと懸念を伝えた。

 外務省によると3人は▽名古屋市の無職、武田輝夫(67)▽岐阜県の同、鵜飼博徳(48)▽福島県の同、森勝男(67)の3死刑囚。瀋陽の日本総領事館に1日、文書で通告された。3人は、中国国内で購入した大量の覚せい剤を日本に密輸しようとした疑いで03〜04年、中国当局に逮捕された。いずれも麻薬密輸罪で起訴され、07年に死刑判決が確定していた。先に通告してきたのは中国国内で麻薬密輸罪で死刑判決が確定していた赤野光信死刑囚(65)。

 岡田氏は記者会見で「死刑が4人続くことが国内世論に影響を及ぼす」と指摘、中国政府の対応に疑問を示した。【野口武則、吉永康朗】

【関連ニュース】
埼玉保険金殺人:八木死刑囚の再審請求棄却 さいたま地裁
イラン:反政府デモ拘束者解放求め、刑務所前に毎晩市民
大阪パチンコ店放火:「絞首刑は残虐で違憲」弁護側主張へ
ファイル:内政・外交・安保 死刑執行通告、政府が「懸念」
死刑:執行、中国1000人超 2カ国制度廃止−−09年、アムネスティ報告

介護職員処遇改善交付金の実施要領を改正―厚労省(医療介護CBニュース)
<人事>最高裁(毎日新聞)
無駄削った職員、人事で高評価=10年度予算執行で−財務省(時事通信)
医療の規制改革、方向性を6月までに提示(医療介護CBニュース)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)

スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)

 金沢市二俣町の山中で頭部のない女性の遺体が入ったスーツケースが見つかった死体遺棄事件で、石川県警金沢中署捜査本部に男が出頭し、事件への関与をほのめかしていることが1日、捜査本部への取材で分かった。捜査本部は男を重要参考人として慎重に調べている。

 捜査本部のこれまでの調べでは、3月29日に県道脇のがけの斜面に落ちていたスーツケースから、年齢20〜30代とみられる女性の遺体が見つかった。頭部は鋭利な刃物で切断されていた。司法解剖の結果、遺体は死後2週間〜2カ月経過しており、捜査本部はスーツケースの販売経路や、捜索願の出ている同年代の女性との照合を進めている。【宮嶋梓帆、宮本翔平】

【関連ニュース】
<事件の第一報>死体遺棄:スーツケースから頭部のない女性遺体 金沢
<スーツケース遺体遺棄>「こんなのどかな場所で」 住民らに大きな衝撃
<最近の遺棄事件>死体遺棄容疑:自宅プランターに乳児遺体 母親「埋めた」
<最近の遺棄事件>乳児遺体:同じプランターから別の白骨遺体 大阪
<最近の遺棄事件>男逮捕:6カ月長男死体遺棄の疑い 妻と義母も死亡 宮崎

よど号40年でシンポジウム「全員の年内帰国を目指す」(産経新聞)
自転車欠陥で大けが 損害賠償求め輸入元提訴(産経新聞)
さくらポリス、1年で46人摘発=痴漢など情報1616件−警視庁(時事通信)
ファミレスに行く頻度は? 不況で半年のうちに機会半減(産経新聞)
<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。